Monthly Archives: 2月 2015

//2月

正しいシャンプーしましょう

正しくシャンプーを行えているのは全体の10%以下 シャンプー方法が間違っていると抜け毛や薄毛のトラブルにもつながります。 日本人のほぼ100%が行っていると言っても過言ではないヘアケア「シャンプー」。ある調査では日本人女性の「98.5%が入浴時にシャンプーを行う」という結果も出ているほど。これほど一般的なヘアケア「シャンプー」ですが、ほとんどの方が正しいシャンプーを行えていないのも事実。 私は月に約100名の頭皮を200倍のスコープで確認し、頭皮と毛髪診断を行っていますが、正しいシャンプーが出来ている方は全体の10%以下。毛穴に汚れが残っていたり、逆に必要な潤いをとりすぎて頭皮が乾燥したり、赤く炎症している人がほとんどです。 正しくシャンプー出来ていない理由は間違った認識にあり ほとんどの方が正しくシャンプー出来ていない理由は、シャンプーの目的を間違って認識していることにあります。シャンプーは日本語で「洗髪」ですし、現在販売されている多くのシャンプー剤も「髪がしっとりツヤツヤ」「髪にハリ、コシ」「髪のダメージを修復」など髪の毛の効果をうたったものばかり。「シャンプー=髪の毛のケア」という認識をしている方がほとんどです。 しかし、シャンプーの語源はサンスクリット語の「マッサージ」という意味。シャンプーは本来、髪ではなく頭皮をケアするもので頭皮を洗うことが1番の目的です。「でも髪の汚れが落ちているんだから頭皮の汚れも落ちているでしょ?」と思うかもしれませんが、頭皮の汚れは意外と厄介。正しく行えていないと汚れは落ちませんし、逆に無理に落とそうとすると逆に頭皮を傷つけてしまいます。 頭皮の皮脂線はTゾーンの3倍!! 正しくシャンプー出来ていないと毛穴に皮脂がビッシリ 頭皮には顔のTゾーンの3倍もの皮脂腺があり、沢山の皮脂が分泌されています。しかも頭皮は10万本の毛で覆われているので、ただでさえ洗いにくい場所。毎日丁寧に洗顔していても毛穴に黒ずみが出来てしまうように、頭皮の汚れを意識してシャンプーしないと毛穴に詰まった汚れは取り除けません。 また、ついつい忘れがちなのが顔と頭皮は一枚で繋がった同じ皮膚ということ。頭皮も摩擦や潤い不足は顔同様トラブルを引き起こします。汚れを落とそうと洗浄力の強いシャンプー剤で洗ったり、ゴシゴシと擦っては頭皮を乾燥させたり、炎症を起こしてしまうので洗い方はとても重要です。頭皮に負担を掛けずに必要な潤いを残し、不必要な汚れだけを落として初めて正しいシャンプーが出来たと言えます。 頭皮の環境を大きく変える正しいシャンプー方法 正しいシャンプー方法を身に着けるコツは2つの意識を持つこと。 頭皮の汚れを意識して洗う 皮膚である頭皮を強くこすらない この2つを意識して下記のステップで行ってみてください。 1. ブラッシング シャンプー前にブラッシングで髪のほつれを解けばシャンプー時に、髪にかかる負担が軽減されます。さらにブラッシングには頭皮の角質を浮かせたり、血行を促進するなど頭皮ケアの働きも。 2. 予備洗い 38度のぬるま湯で、1~2分かけてしっかりと頭皮と髪を濡らす予備洗い。美容師さんが行うように、手のひらでお湯をためてパシャパシャと行うと、効率的に頭皮を洗うことができます。 3. シャンプー剤を塗布 シャンプー剤は適量を手に取り、同量のぬるま湯を加えて少し薄めてから、頭皮に直接つけましょう。5~6か所に分けてつけると、シャンプー剤が頭皮にまんべんなく行き渡ります。 4. なで洗い 指の腹を使って頭皮の表面を優しくなでるように洗いましょう。この時に絶対に力は入れずに、撫でるように優しく行うのがポイント。力ではなく小刻みに指を動かして、汚れを浮き上がらせるイメージ。また下から上に向かって行うことで、指が頭皮に直接触れることができます。 5. 揉み出し洗い 次に頭皮をつかんでもみほぐすように洗いましょう。この時に頭皮と指は密着させて絶対に擦らないようにします。地肌をつかんで動かし、毛穴の汚れを絞り出すように洗うのがポイントです。 6. すすぎ 最後に丁寧にすすぎます。ほとんどの方はすすぎが不十分。すすぎが十分でないと、シャンプー剤や汚れが残ってしまいます。髪のぬめりがなくなってからもう一度、手のひらにお湯をためて肌を洗うなど、念入りにすすぎます。 《参考URL》All Aboutホームページ「ヘアケア/シャンプー・トリートメントの基本」 <https://allabout.co.jp/gm/gc/406981/>(アクセス日:2015/2/23)  

By | 2015-02-23T22:21:48+00:00 2月 25th, 2015|トピックス|0 Comments

清潔な頭皮をキープするためには毎日シャンプーしたほうがいい?

「頭皮や毛髪に負担がかかるので、シャンプーは毎日行わないわ」という方がいます。 頭皮は、顔のTゾーンの3倍もの皮脂腺があります。そこからたくさんの皮脂が分泌されています。10万本の髪で覆われているので湿度が高く汚れも落としにくい場所。皮脂が古くなって酸化すると活性酸素が発生し毛髪の成長を妨げ、薄毛や抜け毛の原因になりますね。 シャンプーは毎日をオススメします。

By | 2015-02-23T11:09:00+00:00 2月 24th, 2015|トピックス|0 Comments

抜け毛予防のためにもシャンプーは慎重に選びたいですね

年をとってある程度抜け毛が目立つようになるのは、仕方がないことかもしれません。しかし、まだ年が若いのに抜け毛が気になるのは、とても辛いことです。 抜け毛を防止するには日頃からのヘアケアが大切です。若い頃からケアを続けていたら、年を重ねていっても、抜け毛とは無縁でいられるかもしれません。 髪が生えるサイクル 髪には、伸びて行く成長期、長さが固定された退行期、抜けるのを待つ休止期がります。 今生えている大半の髪は成長期にあります。退行期は、髪の細胞分裂がほとんど終わって伸びるのを止める時期です。休止期に入ると毛根にある毛母細胞は完全に活動を停止して抜け落ちるのを待つだけになります。 何もしなくても自然に抜けて新しい髪の成長期がやってきます。 どうやって抜けると抜け毛? 抜け毛は毛周期が崩れて本来成長期にあるはずの髪が抜けてしまうことです。それを繰り返していると、一度抜けた毛穴からは髪が生えなくなることもあります。 高齢になってからの抜け毛の原因に、ホルモンバランスの崩れが代表的です。もし、若年層でも不規則な生活などでホルモンバランスが崩れていたら、やはり抜け毛に繋がります。 もう一つの問題が頭皮の肌荒れです。頭皮は丈夫だと思いがちですが様々な刺激などで乾燥や肌荒れを引き起こすことがあります。 シャンプーでの肌荒れ 一般的に流通しているシャンプーのほとんどは、高級アルコール系シャンプーと呼ばれています。合成界面活性剤を主成分としていて、泡立ちも良く洗浄力が高いシャンプーです。高い洗浄力があるので、髪と頭皮に必要な皮脂まで洗い落とす可能性があります。適度な皮脂がないと、頭皮も肌トラブルに陥ります。 そうなると、毛根が傷んで髪が抜けやすくなり、新しい毛髪も生えづらくなります。また、天然成分を多く使っている石鹸シャンプーは、洗浄力がやや弱くなっています。しかし、酸性の髪にたいして弱アルカリ性の石鹸シャンプーだとキューティクルが毛羽立って、髪のゴワつきのもとになります。 オーセナム シャンプー  肌荒れ防止のシャンプー  年齢とともにまとまらない髪が生える地肌を、健康的な髪の美しさを育む地肌環境へ整えます。地肌を保護して潤いを与えながら、やさしく洗い上げます。       オーセナム フォーミングマスク  濃密な炭酸泡と地肌マッサージで血行促進  頭皮保護成分を地肌の奥深く※まで浸透させ、健やかな地肌へと導きます。         オーセナム ルーセントオーラ 地肌の奥深くに働きかけます その人が本来持つ地肌環境に導きクリアでふっくらした健やかな地肌を保つ美容乳液です         名古屋市 守山区 美容室 ヘアーミュウ HAIRMIU

By | 2015-02-21T14:36:08+00:00 2月 22nd, 2015|トピックス|0 Comments

Aujua新商品 OATHENAM(オーセナム)

Aujuaに待望の新商品【OATHENAM(オーセナム)】が出ました! こちらは頭皮用のシャンプーです 年齢と共に頭皮のカルボニル化し抗酸化力が低下し地肌に活性酸素が蓄積され、まとまりづらい髪が生えてきてしまいます。その度合いは年齢を重ねるにつれてどんどん進行していきます。 OATHENAM(オーセナム)は、頭皮保護成分のアンジェリカエッセンスが地肌の奥深くまで浸透して活性酸素などの外的要因から地肌を保護することでクリアで弾力のある健やかな地肌を作り、まとまりのある髪に導いてくれます!           このオーセナムの香りの特徴はアンジェリカエッセンスという治癒効果の高い成分がはいっています。このアンジェリカエッセンスは西洋では古くから天使のハーブとも呼ばれています香りはジャスミンです。この天然香料のジャスミンは1トン(約700万個分)からたった1キロしか採れない花の精油の王と呼ばれているほど高価な精油から出来ています。ゆったりと気分を解放して心理的活性を甦らせてくれます。           名古屋市 守山区 美容室 ヘアーミュウ HAIRMIU        

By | 2015-02-19T16:59:09+00:00 2月 20th, 2015|トピックス|0 Comments